img_rikei_sp

「理系なんだから面接苦手に決まってるだろ!」そんなあなたは個別面接コーチング!

結論から言ってしまうと、面接はトレーニング次第で何とでもなります。「面接は100%受かる!」と言いたいところですが、だいたい80%くらいの通過率ならちゃんと集中してやれば、1ヶ月くらいで何とかなります。

面接が苦手なタイプには、だいたい3つタイプがあります。このタイプごとに面接対策を実施することで面接の通過率を飛躍的に向上させることができます。もし、いくつかのタイプが複合している場合でも、ちょっと時間はかかりますが、対策することはいっしょなので大丈夫。

面接が苦手な理系でも1ヶ月間の個別面接コーチングで内定を勝ち取っちゃいましょう!元理系で現在は理系専門のキャリアカウンセラーの私がビシバシ鍛えますのでお任せください!

ちなみに、面接が苦手な理系にはどんなタイプがいるのか?

理系で面接が苦手な方には、ざっくり分類すると以下の3つのタイプがいます。

  • 面接という場、初対面の人に慣れていない「緊張で頭真っ白タイプ」
  • 勉強、研究をそんなにやっていなかった「勉強アピール不足タイプ」
  • 面接中にNGワード連発の「空気読めてないタイプ」

1.「緊張で頭真っ白タイプ」

理系に一番多いタイプがこのタイプです。どちらかと言うと研究、勉強にはまじめに取り組んでいて成績はまあまあ良い。でも、アルバイト経験があまりなく、交友関係も広くない。そのため、初対面の人や慣れない環境・状況に滅法弱い。面接になると緊張から頭が真っ白になってしまい、自分が何を話しているのかもわからないという混乱状態に陥って面接が通らない。

2.「勉強アピール不足タイプ」

このタイプはどちらかというと要領の良いタイプが多いのですが、あまりにも勉強に興味がなかったため専攻分野のアピール材料に欠ける。そのため、面接ではアルバイトやサークル活動に関しては饒舌に話せるのだが、卒業研究や成績の話になると途端に口が重くなってしまう。特に技術面接になると、研究内容に関する理解度も低いため説明が辿々しくなってしまう。

3.「空気読めてないタイプ」

このタイプは自覚症状がない点が特徴です。自分ではしっかりと面接で緊張もそこまでせずにアピールはできている、と自分では思っている。面接官もニコニコと笑いながら話を聞いてくれており、雰囲気も終始良かった。自分では通過しただろうと手応えがあったのに、結果は不通過。このタイプの特徴は自分の気づかない内に面接官に不快感を与えたり、面接NGワードを話してしまっている。

個別面接コーチングでは面接苦手タイプを分け、対策スケジュールを設計

imasia_5498541_M

個別面接コーチングの流れはこのようになります。

STEP1|まずはお互いに自己紹介

お互いに自己紹介をしましょう。お互いのキャラクターを知ることは、個別面接コーチングには欠かせません。

STEP2|就活の現状課題についてヒアリング

いよいよ本題です。現状の就職活動における「面接の問題点は何なのか?」について詳しくヒアリングしていきます。

STEP3|面接苦手タイプに分類して対策を設計

ヒアリングした就職活動における面接の課題から面接苦手タイプを分類します。タイプによって対策も異なるので、面接対策スケジュールを組んでいきましょう。

STEP4|面接の武器であるアピール材料を整理

面接対策スケジュールが決まったら、面接の武器になる「自己PR」と「卒業研究」について情報を整理して面接で話せるネタに仕上げていきます。面接官の視点を踏まえて情報に優先順位をつけていき、不要な情報を削っていくことで面接でアピールに繋がる効果的なネタを作り上げます。

STEP5|面接官が嫌う言動をレクチャー

面接官は質問の回答だけで面接の合否を決めている訳ではありません。面接官の評価の大部分は「面接時の印象」によって決まっています。面接時の印象を悪くしないためにも、「面接官が嫌う言動」を知っておきましょう。

STEP6|最後に非公開求人もご紹介

面接対策のスケジュールが設計できて、面接のアピール材料が整ったら実際に受ける求人をご紹介していきます。理系専門として大手だけでなく健全経営の中小メーカー、大手技術者派遣と幅広く非公開求人をご紹介します。

bottom_entry_seminar

面接が苦手な理系限定コーチングのメリット

imasia_13528880_M

  • 面接が通過しない理由が明らかになる
  • 面接の課題を解消するための対策を打てる
  • 理系専門の就活のプロから就活アドバイスをもらえる
  • 自分の条件に合った非公開求人を紹介してもらえる
  • 1ヶ月間のスケジュールで内定を獲得できる

ちなみにキャリアカウンセラーの素性をご紹介

photo_shotaro-kawabata

講師:川畑 翔太郎(理系就活のプロ)
出身:鹿児島県
最終学歴:九州大学 工学部 機械航空工学科卒
略歴:高校まで鹿児島県ですくすく育つ。大学は九州大学へ進学し、福岡で4年間をアルバイト中心に過ごす。大学時代は何のために勉強しないといけないのかわからず、大学院への進学はせずに就職活動を開始。マスコミ、広告業界を中心に就職活動するも我流で面接を受け続けたため、連戦連敗する。面接で「言わなくていいことは言わない」というスタンスに変えたことにより、大手住宅設備メーカーで内定を獲得する。入社後3年間で商品開発、生産技術、製造を経験する。現在はエンジニアの経験を生かし、理系向けに就活サポートを行っている。

bottom_entry_seminar

詳しくはこちら

個別面接コーチング概要

参加条件 1.高専、大卒以上
2.28歳以下
3.理系学科を卒業した方
4.就職活動中の方
参加費用 無料

個別面接コーチング場所

bottom_entry_seminar

参加者の体験談

参加者その1|事前に回答をきっちり作り込むことで設計職としてキャリアスタート!

imasia_11668865_M

【面接の悩み】
大学時代はサークル活動やアルバイトが楽しすぎて授業をサボることも結構ありました。なので、単位が足りずに留年してしまいました。留年の理由を説明するのにも苦労したんですが、それ以上に卒業研究の説明が全くできませんでした。人事面接は何とか乗りきれるのですが、技術面接になると全く対応ができませんでした。

【内定獲得までにやったこと】
まずやったことは、卒業研究に関して話す内容を整理しました。ほとんどの面接で、研究の「目的や背景」「研究内容」「結果・考察」について質問されていました。そこで、各質問項目に対する回答を書き出しました。さらに、その回答から派生するであろう追加質問についても洗い出し、技術面接でも対応できるよう準備しました。

【UZUZキャリアセンターの良かった点】
やっぱり面接官が「何を知りたがっているのか?」について教えてくれたことはかなり助かりました。今までの面接では出たとこ勝負で対応していたので、うまく答えられる質問もあれば、全く対応できない質問もありました。面接官視点のようなものを叩きこまれたことで面接中に準備していない質問をされてもあまり動揺することなく対応することができました。

【現在の仕事内容】
大手自動車部品メーカーにて工作機器用軸受ユニットの設計を担当。

参加者その2|面接慣れするために模擬面接対策を繰り返したことで商品開発職で内定ゲット!

imasia_10427293_M

【面接の悩み】
私の場合は、面接どころか人見知りだったということで初対面の人と会話をすること自体に苦手意識がありました。そのため、面接の準備をどれだけしても本番になると頭が真っ白になってしまい、自分が何を話しているのかさえ覚えていませんでした。5社くらいの面接に落ちたことで自信がなくなってしまい、新卒の就職活動は止めてしまいました。

【内定獲得までにやったこと】
自分の弱点は人見知りってことはわかっていたので、大学を卒業してからは居酒屋でアルバイトをやりました。ある程度自信も戻ってきたので、就職活動を再開しました。ただ、アルバイトと面接だとやっぱり緊張の度合いが違います。そこでカウンセラーの方と何度も何度も模擬面接対策を繰り返して苦手意識をなくしていきました。全く緊張しないと言ったら嘘になりますが、内定をもらった面接では自分が言ったことを覚えていられるまで改善できました。

【UZUZキャリアセンターの良かった点】
何と言ってもサポートの手厚さだと思います。全く結果が出ないのに、粘り強く模擬面接対策に付き合ってもらいました。会社や業界の説明もわかりやすく、自分ひとりで就職活動をやっていた時とは上達スピードが全然違いました。正直、模擬面接対策の時の川畑さんは本番の面接官よりも厳しい質問ばかりするので、面接では逆に気が楽になりました。

【現在の仕事内容】
中堅電子部品メーカーにてCATIA V5を用いたステアリング装置(インタミシャフト)の商品開発を担当。

個別面接コーチングに申し込む

名前必須項目
(例)渦々 太郎
ふりがな必須項目
(例)うずうず たろう
生年月日必須項目
(例)1993年10月31日
性別
専攻分野
メールアドレス必須項目
電話番号必須項目
(例)090-0000-0000
連絡可能な時間帯
※該当する全ての項目にチェックを入れてください

この記事を書いた人

Shotaro Kawabata
a professor of Engineering
高校時代は自分で前髪をパッツンに切っていたため、ブルースリーだった。目標は今でもブルースリー。強くカッコ良く、誰ともかぶらない男、ブルースリーに俺はなる!

前後の記事を見る