理系の就活ノウハウを学ぶ
uzuz_shutterstock_109230713

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

意気揚々と就職活動をはじめたものの、希望通りの企業への就職がなかなか決まらないという人が意外に多いとか。時間の経過とともに、「もしかしたら、自分の就職活動は失敗してしまうのでは」と不安になってしまうものです。不安な気持ちを抱えたままでは、就活への成功は遠のいてしまうのが現実といえます。そこで今回は、就活への再挑戦を成功させるために、重要となるポイントについて探っていきましょう。

スキルよりメンタル面が重視される

uzuz_shutterstock_260188646
企業が求めるのは、働く意欲や仕事に対する姿勢などのメンタル面。モチベーションの高い人材は、採用する企業にとって貴重な存在となる可能性が高いと判断される傾向があるようです。必要なスキルは、真面目に仕事に取り組むことで、身につけることができます。したがって、希望する職種に対する熱意をいかに伝えられるかが、採用への第一歩といえます。

採用する側がメンタル面を判断する基準となる面接では、出来る限り自分のアピールポイントを伝えてみましょう。事前に今までの面接でなにが足りなかったのかを、自己分析するのもよいかもしれません。採用されない理由は、意外と身近な原因とも考えられるからです。熱意をもって臨めば、よい結果に繋がる可能性が高まります。

プラス思考を心がける

uzuz_shutterstock_185673275
就職活動に失敗し続けると、誰でもネガティブになってしまうもの。自信を失い、何事にも消極的な気持ちになりがちですよね。例えば、不採用の通知を受け取ったあとに、なかなか立ち直れない人と、気持ちを切り替えて次に進もうとする人とでは、その後の結果が大きく違ってくるものです。再挑戦に臨むために大切なのは、プラス思考であり続けることといえます。就活へのモチベーションをいかに維持していけるかが、ポイントといえそうです。

もちろん、現在の状況を冷静に分析する能力も求められます。なにが足りなかったのか?不採用となった理由として考えられることはないか?など、反省点も含めた自己分析をしてみてください。「失敗を成功への糧にする」くらいのポジティブ思考を持ち前向きに活動をしましょう。

理系の強みをいかす

uzuz_shutterstock_299886662
理系の強みは、論理的な思考能力の高さですよね。ジャンルを問わずロジカルな思考能力に期待する企業は多いとのこと。さらに即戦力としての人材を求める傾向が年々高まっているそうです。一方で、コミュニケーション能力の不足が懸念されているともいわれています。再挑戦を成功させるためには、理系の強みをいかしつつ、コミュニケーション能力を高めることが求められます。

理系出身の方のなかには複雑な計算は得意でも、人と接することが苦手という方は多いはず。就職活動は、面接官を含め人との会話が必須となります。話し方や敬語を含めた正しい日本語の使い方など、基本的な部分を今一度見直してみてください。その上で、理系の強みである論理的な思考能力をいかすことが成功へのカギといえるのではないでしょうか。

目標を明確に定める

uzuz_shutterstock_209058859
就職活動に欠かせないのは、人生に対する明確な目標ですよね。志望動機としてあげられる、社会貢献、経済問題などは、単なる情報の使いまわしと取られかねないようです。動機は壮大ですが、視点の幅が広すぎて自己PRには結びつかない結果に…。

採用する側は、個人の本質を見極めようとしています。そのためには、自分が何をしたいのか、どんな仕事を成し遂げたいのか、などの目標を明確にする必要があります。目標を明確にすると同時に、必要な資格やスキルをあらかじめ取得しておくのもひとつの方法です。

また、今までどんなことに取り組んできたのか、自分の果たした役割はどうだったのかなどを盛り込むと、再挑戦に有利なアピールポイントとなりますね。目標に向かう意気込みが、自信にもつながり、採用する企業にも熱意が伝わる結果となることでしょう。

再挑戦のアピールポイント

uzuz_shutterstock_284884073
就活に再挑戦する際のアピールポイントは、どのようなことがあげられるのでしょうか?希望する職種によって違いはあるようですが、「論理性」と「学ぶ意欲の高さ」といえます。なかでも評価の対象となる可能性が高いのは、業務に関係するプログラミング言語などの使用経験だそうです。使用経験とは、独学を含めた期間のこと。新卒から期間を経た第二新卒ならではのアピールポイントといえますね。

たとえ就活に失敗していても、学ぶ努力を怠らない姿勢が評価に反映されるケースも。希望の職種に就くためには、日々の努力が実を結ぶ結果に繋がることを心してくださいね。さらに、自分のアピールポイントをいかにわかりやすく伝えられるかも重要です。

情報収集の幅をひろげる

uzuz_shutterstock_264104981
理系の就活を成功に導くための方法としてあげられるのは、情報収集の幅を広げることです。就活に失敗する多くの人が、情報収集を怠っていることが原因の1つにあげられます。希望する分野の職種だけでなく、視野をひろげて情報収集する必要があります。意外な分野で理系の人材を求めているケースも多いようです。今まで対象外だった分野で、自分の能力をいかせる仕事に出会うことができるかもしれません。

情報収集には、第二新卒をターゲットにした転職サイトや理系に特化した就職サイトなどを活用してみてはいかがでしょう。新卒とは異なり、第二新卒の場合は自分で応募するケースがほとんどですよね。就職サイトでは、就活に関するあらゆる手続きをサポートしてくれます。

職種の検索はもちろん、履歴書の書き方から、面接の対策に至るまで、就活の基本的な流れを安心して任せることができます。それぞれに特徴がありますので、自分の希望にマッチングするサイトを見つけてくださいね。

まとめ

就活の再挑戦を成功させるポイントについてご紹介しましたがいかがでしたか。「失敗は成功のもと」ともいわれます。失敗という挫折を味わっているからこそ、人間的に成長し見えてくる世界もあります。晴れて希望の仕事に就くためには、失敗を恐れずに挑戦し続けることも必要なのではないでしょうか。理系の人材は、多くの分野で求められています。失敗で折れそうな心を奮い立たせて、新たな就活に臨んでみてくださいね。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス