理系の就活ノウハウを学ぶ
uzuz_shutterstock_234208948

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

就職先を探す時に、どのような点を重視して選んだらいいのか分からないという声をお聞きします。今さら聞きにくいと思う人のために、理系の職業実態についてご紹介していきたいと思います。

職業や進路の選択肢とは

uzuz_shutterstock_120558493

得意な分野を更に伸ばすべく、理系に進学した皆さんは、高校時代と違って専門性を高めながら学ぶことができ、より充実した学生生活を送れるのではないでしょうか。毎日が新鮮そのもの。興味ある分野を掘り下げて学ぶことができるので、その知識を生かして就職に結びつけたいと思う人は多いものです。
しかし、実験などが多い理系の皆さんは情報収集する時間が限られているのも現実問題。できれば大学在学中にどのような職業や進路の選択肢があるのかを知っていれば、自分に合った業界や業種に進むことも可能ですよね。

気になる職業の進路はというと、技術者や研究者という立場で長く研究に携わっていくという選択肢がすぐに頭に思い浮かぶかもしれません。しかし、理系出身の人がすべて技術者や研究者の道に進むとは限らないのです。

大学で学んだことで一度区切りをつけ商社や金融など、給与や福利厚生が充実している企業を選ぶ人もいます。その他、新しい分野の事業を立ち上げるべく、起業する人などさまざま。文系の人は就職できる職種が限られているのに対して、理系は専門的な知識を生かして仕事につけるので選択肢が多いといえるのが特徴の一つといえます。

理系に人気の職業ランキングをチェック

uzuz_shutterstock_299381816

職業の選択肢が広い中でも、一般的な傾向についてもある程度知っておくことは重要です。気になる職業ランキングについてご紹介してきたいと思います。

第1位 ITコンサルタント 年収約599万円

ITコンサルタントとはインターネットを活用して顧客の経営課題を解決すべく提案と実行に関わるコンサルティングを行う仕事です。思考力や問題解決力が求められる職種の一つで、日頃から思考力をフルに使っている理系の皆さんには人気の職業のようです。

第2位 プロジェクトマネジャー 年収約597万円

プロジェクトマネジャーはシステム開発などに関わるチームのマネジメントを行います。システムエンジニアとして経験を積み、プロジェクトリーダとしてスキルアップを図る人もいるくらい注目度が高い職業といえます。

第3位 セールスエンジニア・FAE 年収約542万円

セールスエンジニアとは、技術的な視点を持って営業をサポートする仕事です。営業に同行して顧客との打ち合わせの際に技術領域に関する説明や質問に答えたり、技術的な視点からの追加提案、ニーズのヒアリング、導入後の技術サポートを担当します。

トップ10の中には学んだことが生かせる回路/システム設計(第7位:年収約488万円)や、薬剤師(第8位:年収約485万円)など資格を生かして働ける職業などもランクインしました。

このランキングを見ると、薬剤師などは資格が必要ですが、それ以外は働きながらスキルアップできる選択肢が多いことが伺えます。その分チャレンジできるフィールドがたくさんあるということなのではないでしょうか。

実は高い理系の就職率!

uzuz_shutterstock_190541927

理系は専門性を生かして働けるのはもちろんのこと、考え方の視点を変えれば職業の選択肢が広いのです。東洋経済オンラインの調査によると2013年新卒の就職率は景気回復の兆しもあり期待値が高まる中、このような調査が報告されました。

文系の就職率は78.0%で、それに対して理系は84.1%と6.1ポイントも理系が高くなった。
(引用元:東洋経済オンライン

理系出身者は生真面目でインドア派が多いという印象が多い中、実は社会からは求められる人材なのかもしれません。在学中に学んだ経験を生かして就職に結びつけている学生が多いということは、理系出身者としては誇れる部分なのでは。同じ仲間が多くいるということが分かると自信を持って将来のことを考える良いきっかけになるのではないでしょうか。

人間力を磨いて自信を持とう!

uzuz_shutterstock_127798649

確固たる将来の夢があり、それに向けて大学に進学するのが理想ですが、現実的にはなかなか将来の職業などはイメージしにくいものです。逆に大学生活でさまざまな体験や学びを通して自分に合った働き方や道を選ぶことが出きるようになるのが理系の特徴と言えるかもしれません。そのような心の成長が、勉強を通して新しい価値観と出会い、ランキングに表れているようなさまざまな業種への就職に結びついているのではないでしょうか。

昔は就職に不利な学部があると言われていた時代もありますが、最終的には面接で人間性がポイントになるので得意な部分をどんどん伸ばし、自信をつけることも大事なツールになるのではないでしょうか。知識を高め、サークル活動などを通して人間力を育むと、どの仕事でも必要とされるコミュニケーション能力が自然と身につくかもしれません。

キャリアップのためにおすすめの資格とは

uzuz_shutterstock_139617071
今まで積み重ねてきたものを職業に生かすのか、それとも安定や将来性を選ぶのかはあなた次第。いろいろな選択肢の中から自分に合ったものを見つけ出していくという作業も自分を一回り成長させてくれるスパイスに繋がります。

並行して行いたいのが資格取得。学部に関連する資格の取得はもちろん積極的にチャレンジすることが望ましいですが、資格がたくさんあれば良いのかというとそうでもありません。逆にどこを目指しているのかと思われてしまう可能性もあるため注意が必要です。

資格も将来的に長く使えるものを見極めた上で、履歴書に載せることができる証として視野に入れてみてはいかがでしょうか。例えば、情報セキュリティスペシャリストという国家資格は、高度情報処理技術者試験の中で最高位でもあるレベル4に該当する難易度が高い試験の一つ。情報セキュリティのプロとして国に認められた知識を有する資格なので企業に属した時だけでなく、独立して事業を立ち上げる時にも有利になります。

また、外資系に限らず海外との取引や海外製品の分析などでは英語力も求められるため、TOEICやTOEFLなどをエントリーの必須条件として定めている企業もあるので、英語力はグローバル社会を生きていくためには必要不可欠になってくるのではないでしょうか。

いかがでしたか。理系で学んできたあなたが活躍できる場所は多種多様にあります。今までの知識を生かした仕事に就くもよし、新しいフィールドでもスキルアップできる環境は無限に広がっています。迷ったら誰かに相談して助言してもらうのも有効です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス