理系向け業界研究
shutterstock_229830439

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

理系の学生の中には、「」での就職を目指す人もいますが、「」での就活は不利と思っている人もいるのでは?「理系就職をしない理由」を聞かれることに不安を感じている人もみられます。本当に、理系の学生が文系職を目指すのは不利なのでしょうか。理系の学生が目指しやすい文系職の職種も交えて解説します!

理系が文系職を目指すのは「不利」というのは思い込み!?

shutterstock_211410793

理系が文系職で就職活動をするのは不利というのは、思い込みによる部分もあります。理系には学校推薦があり、専攻していた分野に関する業界や職種に就くことが有利です。圧倒的に専門分野の仕事を目指して就職活動をする人が多いため、理系で文系職に就いている人は限られます。文系の人には理系の技術職への就職はほぼできないに等しいですが、理系の人が文系職での就職は可能です。

理系は技術職では就職しやすく、文系職を目指す人が少数なことは、文系職での就職活動が不利と感じる要因でしょう。

「理系就職をしない理由」は「志望動機」を固めていれば怖くない!

shutterstock_155433188

理系の学生が文系職を目指すのは不利ではないですが、聞かれることが多い質問はあります。「なぜ専攻に関連する技術職を目指さないのか」や「理系就職をしない理由」は頻出の質問です。この質問にどう答えるか、気を揉んでいる人も少なくないかもしれません。

しかし、自己分析に取り組み、業界研究や企業研究を行なって、「志望動機」をきちんと固めていれば、恐れることはないのです。

なぜなら、「理系就職をしなかった理由」と「志望動機」はほぼイコールになるはずです。「なぜ、○○業界を志したのか」「その中でもなぜ○○社なのか」「○○という仕事のどこに魅力を感じているのか」といった志望動機は、「理系就職をしなかった理由」と表裏一体になります。「理系就職をしなかった理由」は、「○○をやりたいから」という答えで十分成り立ちます。

また、面接で求められる回答は、どんな質問であっても「前向きな理由」です。専攻に関連する技術職に就きたくないという本音が、多かれ少なかれあったとしても心の中に留めておきましょう。

理系学生が目指しやすい文系職とは?

shutterstock_119177230

実際に理系の学生が文系職で採用されていることが多い仕事には、営業職やコンサルタント、金融専門職が挙げられます。理系の学生にとって、有利となるポイントについてみていきましょう。

営業職

営業職では専攻と関連する業界への応募では、むしろ有利となります。技術的な知識は、客先への対応で役立つことから、理系の営業職を募集しているメーカーもあります。技術者を相手とする商談では、論理的な思考能力に基づいて、根拠を立ててロジカルに説明していくことが武器といえるでしょう。

企業によっては院生は営業職での就職には不利ですが、理系学生を積極的に採用しているとされているのは総合商社です。商社では、研究室に没頭し、根気強く結果が出るまで粘り強く仕事に立ち向かえるとして、理系学生を評価する傾向にあります。

コンサルタント

理系の論理的思考力が活かせる仕事とされているのが、コンサルタントです。理系の院生はむしろ有利という声も聞かれます。

経営戦略系コンサルタントの仕事は、経営上の問題に対する改善案の仮説を立てて、仮説を立証するための資料やデータを集めて、そのデータを分析した結果をもとに、論理的な手法で改善案として提案します。研究を進める過程と似ていることから、理系の院生に向いた仕事とされているのです。また、地頭のよさも評価され、前述の研究活動における忍耐強さも、激務といわれるコンサルタントの仕事に適応できるとされるポイントになります。

財務・会計系コンサルタントでは、理系学生は数字に強いことを買われることが多く、会計業務はシステムの導入とは切り離せないことから、ITに強いことも「売り」となりやすいです。ITに強い人は、ITコンサルタントも選択肢となるでしょう。

金融専門職

金融専門職の中でも、保険数理や年金数理に関わる「アクチュアリー」は、統計的手法を用いて、保険料の算定や準備金の評価、年金の積立額などの算定などを行ないます。「クオンツ」は、金融工学の手法を用いて、市場のリスクを定量分析する仕事です。生命保険会社や証券会社、投資銀行などでは、こうした金融専門職を募集していますが、理学部数学科の卒業者が多く、「文系職」には当たらないともいえそうです。

ファンドマネージャーやトレーダー、証券アナリストも、市場分析において数学的な知識が活かせる仕事です。銀行ではATMなどのシステム開発の業務でも、理系学生が求められています。

こうした数学的な専門性が求められる職種のほかに、銀行や生命保険会社では営業職として就職する学生もみられます。金融業界では文系の学生が多い職種であっても、「数字を扱うこと」が多く、数字に抵抗のない理系学生にとって働きやすい業界です。

逆に「文系職」の就活にデメリットはあるのか?

shutterstock_141719194

一方で、理系が「文系職」を目指して就職活動をすることにデメリットはあるのでしょうか。

理系の場合、大学や学科によっては学校推薦による就職が多くを占めます。特に修士の場合では顕著です。そのため、文系職での就活を相談する仲間がいないどころか、一般応募で就職する人がまわりに少ないケースもあります。

また、理系の学生は文系の学生に比べて、研究室などで拘束されている時間が長く、就活に割ける時間が少ない点で不利となります。理系の学生が文系職での就職が不利とされる理由には、単に自己分析や業界研究、企業研究に掛ける時間が十分ではなく、準備不足といった側面もあるのです。研究内容に関しても、論理的に話せる準備が必要です。

理系の学生が文系職での就職を目指すときには、情報の収集に努めることも大切になります。文系の学生と同等に就活の対策を行なえば、不利にはなりにくいでしょう。

まとめ

就職活動にあたっては、理系の仕事か文系の仕事かという概念ではなく、働きたい業界ややりたい憧れの職種にチャレンジすることが大切です。これまで学んできたことや研究してきた内容を土台として、自己アピールにつなげていきましょう。

ウズキャリでは、あなたが学んできた理系分野の専門性を活かすことができる求人をご紹介しています。
理系専門キャリアカウンセラーによる無料の個別就活サポートなので、求人紹介の精度が高いだけでなく、最短での内定獲得を目指すことができます。
また、平均20時間を超えるキャリアカウンセリングを通じて仕事選びの条件だけではなく、あなたの性格や長所/短所、将来のキャリアプランを考慮することで高い定着率(累計実績:93%)も実現しています。

  • 自分は知らないけど理系を積極採用している優良企業を知りたい
  • 勉強には自信があるけど、面接がとにかく苦手なので克服したい
  • 中退/留年してしまったけど、やはり理系として専門性が身に付く仕事がしたい

このような方は「ウズキャリ理系」の無料就活サポートを有効活用して、希望の仕事での就職を目指しましょう!

理系に特化した20代専門の求人/就職サイト「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。