就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_306575921

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

「既卒・第二新卒は就職に不利」
これは、就活において常識のように語られるセオリーですよね。
しかし、既卒・第二新卒者であっても内定をもらう人はたくさんいます。このページでは、企業が考える既卒・第二新卒のデメリットや、逆に「それでもウチに欲しいです!」と思われやすい人材のポイントについてご紹介しましょう。

企業が考える「既卒・第二新卒のデメリット」

shutterstock_320824232

まず、企業側が既卒・第二新卒を敬遠しやすい理由を見てみましょう。

「採用しても継続的に勤めてくれないんじゃないか?」という懸念がある

第二新卒とは、大学卒業後に一度就職したものの、数年で転職を考えている(もしくは離職した)人のことを指します。
転職・離職の理由は人それぞれですが、「キャリアを積む前に会社を辞めた」という前歴があるため、長期的に勤めてくれる人材を求めている企業は敬遠しやすい傾向にあります。
※勤め先が潰れてしまったなど、当人にどうにもできない場合はこの限りではありません。

既卒の場合は、「大学在学中に就職先を決めなかった(あるいは採用されなかった)」という点から、「計画性に欠けるのでは?」と判断される場合があります。

社内で既卒・第二新卒者用の教育方針を新しく作らなければならず、コストがかかる

第二新卒や既卒者は、まっさらな状態で会社に入ってくる新卒者や、即戦力として入ってくる中途採用者とは異なり、「一人ひとりの状態に合わせた教育」が必要になりやすい人材です。
たとえば第二新卒は、ビジネスマナーはある一方で業務知識には欠けやすい性質があります。既卒者においてはさらに人それぞれといえるため、教育担当の方針について社内で検討する必要があります。
人材の育成は企業にとって欠かせないものですが、各人材ごとにオーダーメイドのプランを用意するのは大変ですよね。
新卒者が企業に好まれやすいのは、「以前作成した教育方針を使える」というメリットもあるからといえるでしょう。

その他の理由としては、「同世代の新卒者と協調できるか心配」「新卒者の募集・面接だけでも大きなコストがかかるため、既卒・第二新卒者まで枠を広げにくい」などがあげられます。

企業があえて「既卒・第二新卒を選ぶ理由」とは?

shutterstock_201999856

一方、企業が既卒・第二新卒者を採用するメリットもあります。

通年で採用できる

既卒・第二新卒者は、新卒者の採用時とは異なり、いつでも募集をかけられるというメリットがあります。
終身雇用が崩壊しつつある現代では、転職・退職者が頻繁に出るケースも珍しくありません。すぐに人材がほしい企業にとって、既卒・第二新卒者は魅力的な人材です。

中途採用者よりも社風に馴染みやすい

既卒・第二新卒者は、まだ若いことや、特定の企業の影響を長く受けていないことから、中途採用者と比較して自社の社風により馴染みやすい傾向にあります。
社風にあった人材を育てたい企業は、新卒者と同様に既卒・第二新卒者を起用することが多くあります。

業界研究、自己分析ができている

既卒・第二新卒者は、「就職」という転機について、新卒者よりも具体的に取り組んでいる傾向にあります。
自分はどんな仕事をしたいのか。
自分はどのように企業に貢献できるか。
ビジョンがはっきりしている既卒・第二新卒者であれば、企業の知名度や「なんとなく」で面接に来る新卒者よりも社員にふさわしいと考える企業が多くあります。

まとめると、既卒・第二新卒者の強みは「採用後すぐに社に迎えられること」「会社の戦力として育てやすい若さと姿勢があること」だといえるでしょう。

既卒・第二新卒者が不利といわれるのは、単なる先入観?

shutterstock_244913473

既卒・第二新卒者が敬遠されやすい理由は、実はいたってシンプル。

「採用して大丈夫かな?」「採用後、スムーズにやっていけそうかな?」という疑問に、企業側が肯定的な確証を持ちにくいことです。

つまり、「既卒・第二新卒者自身」ではなく、「既卒・第二新卒者への先入観」が面接時のスタートラインになっていることが不利といえます。

企業は限られた時間で、効率的に、より企業に貢献してもらえそうな人材を選ぶ必要があります。多くの応募者を短期間で吟味するため、人材を色眼鏡で見てしまうケースも少なくありません。
「この人は長く勤めてくれないんじゃないか」
「うまくやっていけないんじゃないか」
既卒・第二新卒者の就活では、このような先入観を払拭するために継続的に働いていくことをアピールするための「入社後の目標」を明確に伝えることをおすすめします。

自分自身もそこまで卑屈になってはダメ!

shutterstock_91734869

また、既卒・第二新卒者自身も、「既卒・第二新卒者の先入観」に染まらないことが大事です。
企業は、応募者の能力だけで採用を決めるわけではありません。「内定者をフォローできる体制が整っているか」「採用後の教育方針が決まっているか」など、採用後の受けいれ体制も考えながら審査しています。内定がでないのは、企業側の条件がそろっていないからという可能性もあるのです。

よって、就活中は「自分がダメなんだ!」「経歴が悪いんだ!」と気に病みすぎないようにしましょう。就活中のメンタルマネジメントは、就活を成功させるうえで欠かせない要素なので、必要に応じて助言者や相談者を探すことも重要です。

たとえばUZUZには、既卒・第二新卒の就活事情に詳しい、個性豊かなキャリアアドバイザーが在籍しています。プロと二人三脚で就活を行うことで、就活中のメンタルマネジメントはもちろん、面接や就活スケジュール等もアドバイスしてもらえますよ。

まとめ

  • 企業が既卒・第二新卒を敬遠しやすい理由は、「先入観」にアリ。先入観から外れた人材をアピールしよう
  • 「ウチにほしい」と思われやすい既卒・第二新卒の特徴は、「新卒に負けない意欲と、新卒にはない経験があること」
  • 既卒・第二新卒の就活は、恥ずかしがらずに協力者を求めることが大切

企業が考える既卒・第二新卒のデメリットおよびメリットや、「それでもウチに欲しいです!」と思われやすい人材のポイントなどについてご紹介しました。

既卒・第二新卒者の就活が苦しいのは、「同期」「同級生」といった、同じ境遇で頑張っている人が得にくいことも要因といえます。今の経歴を恥ずかしがらずに、積極的に人の輪をひろげてみてくださいね。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。