理系の就活ノウハウを学ぶ
uzuz_shutterstock_90263119

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

就活にそなえて、面接対策をしたことがある。
そんな人であれば、以下の質問の答え方について、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

「あなたの得意なことは何ですか?」
「だれにも負けない特技はありますか?」

面接やエントリーシートでよく質問されやすい問いですよね。

就活で「」について答える時は、どのようなポイントに気をつければいいのか?
面接官に好印象・悪印象を与える特技は何か?

このページで一緒に確認していきましょう。

特技の質問で面接官が本当に知りたいことって?

uzuz_shutterstock_322562930

まずはじめに、面接官の質問の意図についてチェックしてみましょう。

「あなたの特技は何ですか?」
面接官がこのように聞くのは、応募者の特技そのものを把握したいからではありません。

応募者に職種への適性があるか。
情熱、知識、ユニークな着眼点があるかどうか。
これらを判断するために、「特技」という切り口を用いているに過ぎないのです。

就活で「特技」について答えるときは、以下のポイントを踏まえているかどうかをまず確認してみましょう。

会社の仕事内容と関連性がありますか?

あくまで「会社の採用面接」なので、できるだけ仕事内容に関連する特技を中心に伝えるようにしましょう。
直接関連がない特技である場合は、「特技で培った姿勢(集中力、忍耐力)」をアピールすることをおすすめします。

「なぜ始めたか」を伝えていますか?

特技を伝える時は、その特技を始めたきっかけについても述べましょう。
面接官は、あなたがどのように考え、行動しているかを探っています。

「せっかくだから〇〇しようと思った」
「もっと成長するためには〇〇しないとだめだと思った」

向上心や好奇心など、特技を通じてアクティブな印象を与えられると尚よいでしょう。

「いかに極めたか」を伝えていますか?

「〇〇が得意です」というだけでは、あなたの情熱や姿勢が伝わりにくくなってしまいます。
「特技」というテーマに対して自分がどのようにアプローチしたかを伝えましょう。

印象悪し?エントリーシートに書かないほうがよい特技

uzuz_shutterstock_206389471

ただし、一部の特技は面接官に悪い印象をあたえがちなので、注意が必要です。
たとえば以下の項目は、「特技」として挙げるにはリスキーといえます。

  • ギャンブルで勝てる(競馬、オンラインカジノ、麻雀、パチンコ)
  • 一発芸
  • 一晩中お酒を飲める
  • 異性関係の経験自慢
  • ピッキングや盗聴など、犯罪に関すること

これらは特技には違いありませんが、大きな問題があります。
それは、「社会人が公の場で誇れる特技ではない」という点です。
面接官を自分の取引先と考えて、ビジネスの場にふさわしくない特技は避けるようにしましょう。

また、「特技がないです」という回答もあまり良い印象を与えません。

「特技がない」ことが問題なのではなく、面接官の質問に積極的に答えようとしない、話題を広げようとしない姿勢が悪印象を与えがちなのです。
もし特技がないのであれば、作ってしまうのも一つの手といえます。

「就職活動を通じて自分に特技がないことに気づき、なにかコレというものが欲しいと思った。前から少し興味があった〇〇ということに挑戦して、〇〇という体験ができた」

面接官はあなたの特技を通じて、あなたの人となりや意欲を見ようとしています。
「特技はないです」とコミュニケーションを切ってしまうのではなく、自分から歩み寄るようにしてみてくださいね。

面接官に好印象を与えられる特技って?

uzuz_shutterstock_302492729

面接官に必ず好印象を持たれる特技は存在しません。
上記で述べたように、面接官は特技を通じて「応募者の情熱や姿勢、適性」を判断しようとしています。

どんな特技も好印象を与えるきっかけになりえますし、独りよがりの印象を与えてしまう可能性もあります。

先方に伝える特技を決めたら、特技をいかにアピールするかを考えましょう。
以下に、自己PRに盛り込みたいポイントをまとめました。

成績

入賞、資格、人からの感謝の言葉など、第三者からの評価があるならアピールポイントに入れましょう。
客観的な高評価は、あなたの社会的な評価につながります。

継続年数

特技をどれくらい続けたかをアピールします。長ければいいというわけではありませんが、長期的に何かに取り組む姿は好印象を与えます。

実演

面接やエントリーシート上で実演できる特技の場合は、面接官に直接アピールすることも考慮に入れましょう。
たとえば書道という特技なら、エントリーシートで達筆を披露する。マルチリンガル(三言語以上話せる)という特技なら、実際にいくつかの言語を話す等のアプローチが考えられます。

エントリーシートに特技を書く時のコツ

uzuz_shutterstock_178904063

エントリーシートに特技を書く時は、「単語」ではなく「具体的なエピソード」で書くようにしましょう。
単語だけでは、あなたがどれくらいの腕前なのかが分かりにくいためです。

たとえば「料理」という特技ですが、ひとくちに料理といっても定義が広すぎますよね。
日本料理、フランス料理、中華料理などの伝統料理も「料理」ですし、ハンバーグ、ラーメンなどのメニューも「料理」です。手でにぎっただけのおにぎりも「料理」にカテゴライズできます。

  • 計〇〇種類の料理を作れる
  • 〇〇という珍しいメニューが作れる(海外の風土料理など)
  • コンテストで入賞したことがある
  • 食材から手作りをする

具体性を持たせて、面接官が話を広げやすいようにしてみましょう。
ユニークな回答に更に具体性を持たせることができれば、「これはどういうこと?」と先方から話を振ってもらえる確率がアップしますよ。

まとめ

就活で「特技」について答える時に気をつけるべきポイントについてご紹介しました。

  • 特技をエントリーシートに書くときは、具体性をもたせる
  • ギャンブルや犯罪行為など、社会人として好ましくない特技の明言は避ける
  • 特技を語るときは、「なぜ始めたか」「いかに極めたか」「なにを得たか」を伝える

特技は、あなたの一面を面接官にアピールするきっかけになります。
要点をおさえて、面接官に興味をもってもらえるような回答を考えてみてはいかがでしょうか。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。