就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_268049945

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

就活でエントリーシートの提出後、一般的に次に行われる選考は筆記試験です。筆記試験は、企業側が学生の基礎学力を見るために行われると同時に、多くの応募者を絞り込むことも目的とされています。筆記試験にはいくつかの種類がありますので、少なくとも主なテストの対策は行っておきたいもの。そこで、就活で知っておきたい筆記試験の種類や対策についてまとめてみました。

応募者をふるい分ける筆記試験の種類とは

shutterstock_144889735

筆記試験は大きく分ける企業の新卒の採用活動では、応募者のふるい分けのために筆記試験が行われます。一般的には筆記試験の高得点者が即採用されるという性質のものではありませんが、筆記試験による足切りは行われています。

筆記試験で企業の選考基準を満たしていなければ、面接などの選考過程に進めません。また、IT業界や医薬品業界の一部の企業では、筆記試験の結果も重視する傾向にあるようです。選考のスタートとして、筆記試験は重要な位置づけとなるものなのです。

筆記試験は、以前はマークシートでのSPIが中心でしたが、今はパソコンでの受検が主流です。大きく分けると筆記試験の方式は2種類で、テスト会場で受ける「テストセンター」、あるいは、自宅や大学のパソコンで受検する「WEBテスト」のいずれかの形式をとる企業が増えています。

SPIを会場で受ける形式の「テストセンター」

shutterstock_355647605

テストセンターは、リクルートキャリアが運営するテスト会場で、SPIを受ける形式のものです。筆記試験としてテストセンターを採用している企業にエントリーすると、受検依頼のメールが送られてきます。自宅などのパソコンまたはスマートフォンで、希望する受検会場や時間を選択して仮予約した後、性格検査を受検すると予約が完了です。

試験当日は、会場の受付でプリントアウトした受検票と身分証明書を提示し、荷物はロッカーに預けて、一席ずつブースで仕切られた席でパソコンによる試験を受けます。

テストセンターを利用する他の企業からも受検依頼がきたときには、「前回結果送信」という機能を使って、前回のテスト結果を送ることで、再び受検せずに済ますこともできます。学業と就活の両立で忙しい学生にとっても嬉しい機能です。

テストセンターでは、言語分野と非言語分野が出題されます。問題ごとに制限時間が設けられているため、未回答は不正解とされてしまいますので注意が必要です。また、受検者全員に同じ問題が出されるのではなく、最初の数題の解答結果によって、受検者のレベルに応じた問題が出題されます。

自宅などのパソコンで受検する「WEBテスト」

shutterstock_286757852

WEBテストの種類とは

WEBテストは自宅などのパソコンで試験を受けるもので、エントリーした企業から送られてくるURLから手続きを行うのが一般的です。

「玉手箱」を採用する企業が多くを占めますが、コンサル系を中心に「TG-WEB」も採用されています。このほかに、IT系技術職に多い「Web-CAB」、ペーパーテストとして実施されてきた「CUBIC」や「TAP」など多くの種類のWEBテストがあります。

WEBテストでは、テストセンターや従来のペーパーテストと違い、電卓を使用することが可能です。

WEBテストで大きなシェアを占める「玉手箱」

玉手箱は日本エス・エイチ・エルが提供するSPIで、言語分野と非言語分野、性格診断、英語があります。英語に関しては使用していない企業もあり、別の試験を実施する企業もみられます。企業によって、問題形式の組み合わせが異なることが特徴です。

言語分野は長文の読み取りで、正誤や趣旨を問う問題が出題されます。非言語分野は、四則逆算と図表の読み取り、表の空欄の推測です。玉手箱は1問ごとには解答時間は設定されていませんが、実際に1問当たりにかけられる時間が短いため、十分な対策を行って、効率よく解いていけるようにしておくことが大切です。問題形式に慣れているかどうかによっても、明暗が分かれます。

玉手箱をテストセンターで受検する方式の「C-GAB」を採用する企業もありますが、電卓は使用できず、手計算での解答となります。

難解とされる「TG-WEB」

コンサル系の企業をはじめとして、大手企業で採用が増えているTG-WEBはヒューマネージが出しています。言語分野と非言語分野、性格診断、英語から、企業によって組み合わせて使われており、性格診断だけを利用する企業があることも特徴の一つです。

TG-WEBは公務員試験の「判断推理」と類似した内容とされ、試験対策をしておかないと解くことが難しいですが、解き方を覚えると解きやすくなるといわれています。長文では専門的な内容が抽象的な表現で出され、非言語分野では推論や暗号が出題されます。

難解な問題が中心の従来型のほかに、大量の問題を解く方式の新型のテストも出されていますが、いずれも事前にかなりの時間を要して対策を行っておくことが大切です。

筆記試験の対策はどうする?

shutterstock_268459703

筆記試験の対策にかける期間として、1か月程度はとりたいものです。2017年卒者の就活スケジュールでは、経団連加盟企業では6月から選考が開始されますので、少なくとも5月からは筆記試験対策を行いましょう。

経団連に加盟していない外資系企業やベンチャー企業など、選考のスタートが早い企業に応募する場合には、前倒して準備を進めておきます。

筆記試験には様々な種類がありますので、エントリーした企業がどの方式を採用しているか調べておき、事前に勉強をしておく必要があります。テスト形式ごとに類似した問題が出題される傾向にあるため、1種類につき問題集を1冊ずつ繰り返し解いていくと効果的です。テストに慣れるためには、同じ試験方式をとる企業にエントリーしておくことも一つの手段となります。

まとめ

就職活動の筆記試験で落ちる人は、準備不足が原因のケースもみられます。基礎学力が高いからと安心していると、慣れていないパソコンでのSPIの受検で足元をすくわれることも十分に起こり得るのです。実際に社会人となったとき、仕事をスムーズに進めるためには事前の準備が必要です。

就活の筆記試験は突然抜き打ちで行われるようなものではなく、あらかじめわかっているもの。事前の準備を怠るような人間を企業側が採用したいとは、考えにくいでしょう。筆記試験の対策を入念に行っておくことは、社会人としてスタートを切るための第一歩なのです。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。