理系の就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_240564688

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

企業の就職説明会は、事業内容や採用情報、先輩社員の声などを実際に聞くことができる場です。選考に関係する、しないに関わらず、就職説明会は企業のことを深く知ることができる機会ですので、興味のある企業の説明会には参加しておきたいところです。就職説明会に参加したら押さえておくべき、チェックポイントをご紹介します。

そもそも就職説明会に参加する必要性はある?

shutterstock_7101892

インターネットでも企業の情報を得られる時代、そもそも企業の就職説明会に行く必要はないのでは?と思っている人もいるかもしれません。しかし、就職説明会は実際に、「企業で働いている人に会える」機会です。

また、参加が実質的に必須となっている企業も多く、説明会に参加しなければ、エントリーシートが入手できないケースも少なくありません。一方で説明会参加の有無が選考に関係ないとされる企業もあります。人気企業はこれに該当することも多く、企業側にとって説明会の選考における位置づけは様々です。

就職説明会では、企業の事業内容や今後の事業展開、必要とする人物像や採用後の配属に関することなど、ホームページ上では掲載されていない情報を知ることができる可能性があります。また、ホームページやパンフレットではわからない社風も、会社説明会を通じて社員の話を聞くことで、垣間見られるかもしれません。

大手の有名企業から内定をもらっても、入社してから社風や担当業務が合わず、すぐに辞めてしまう可能性がないとは言い切れないものです。就職先は他人の評価ではなく、自分の目で確かめて自分に合った会社への入社を目指すことが大切になります。

就職説明会は企業をもっと深く知ることができる、自分に合う会社か見極めるための場の一つです。選考に関係あるかどうかに関わらず、志望する企業の就職説明会にはできるだけ参加しましょう。

企業の就職説明会を有意義なものにするためには

shutterstock_353938352

企業の就職説明会に何の準備もせず、受け身の状態で参加したのでは、得られることは少ないです。事前に就職説明会に参加する目的を理解し、説明会に向けて事前に準備をしておくことで有意義なものとなります。

事前に情報収集しておく

就職説明会の前には、就職情報サイトの企業情報や企業のホームページを熟読し、企業に対して予習しておきましょう。

ホームページでは、事業や対象となるターゲット、取り扱うブランド名や商品、サービス紹介をチェックしておきます。多くの企業のホームページに掲載されているプレスリリースからは、新事業や新商品の発表、IR情報など、今後の事業展開に関わる情報をチェックできます。

また、ニュースサイトでも、企業に関わる記事がないか見ておくとよいです。就職説明会では、企業に対して予備知識を持った状態で話を聞いた方が、理解が深まります。

情報収集に基づいた質問をする

就職説明会では質問コーナーで質問すると、採用担当者に覚えてもらえることがメリットといわれることもありますが、それは的を得た質問をした場合に限られます。ホームページを見ればわかるような内容を質問してしまっては、かえってマイナスの印象です。

また、ほかの参加者も興味を持つ内容で、人事担当者が答えやすいものとするのがポイントです。質問をするのであれば他の人も興味が持てる内容とし、事前に情報取集をした結果にもとに考えましょう。

前の方の席に座る

就職説明会では後ろの方の席は、会場によっては話が聞きづらいことやスライドが見づらいことがあります。また、質問をするときにも、前の席の方が当ててもらいやすいです。会場には早めに着くことを心掛け、なるべく前の席に座りましょう。

就職説明会でのチェックポイントとは

shutterstock_287302511

では、実際に就職説明会ではどのようなことをチェックしておくとよいのでしょうか。ただ漠然と話を聞くのではなく、就職説明会で抑えておくべきポイントを4つ挙げていきます。

事業内容や強み

就職説明会では、企業の理念や事業の柱、仕事内容などの説明があります。業界でのシェアだけを見るのではなく、どんな強みを持った企業なのか見ていくことが大切です。業界1位の大企業以外でも、独自の強みを持ち、将来的な展望が見込める企業であれば、選択肢の一つとする考え方もあります。

また、事業内容は志望動機を考えるための材料としても活用できます。面接でよく聞かれる「なぜ、興味を持ったのか」に答えれらるように、事業内容で気になる部分はメモに残しておきましょう。

企業の求める人物像

企業によって新卒採用で求める人物像は異なり、安定志向の強い人を求める企業もあれば、アグレッシブで独創的な人を好む企業もあります。企業の求める人物像は社風にもつながりますので、相性を見極める一つの要素にもなるものです。また、企業が求める資質は、自己PRを考えるうえでの参考ともなるでしょう。

配属の決定方法

企業によって職種や配属を提示したうえでの内定となるケースと、配属は入社後に決定となるケースがあります。文系が主となる事務系は総合職や一般職としての一括採用とするケースが多いですが、理系では職種と専攻が直結するため、職種ごとの採用としている業界もあります。

例えばゼネコンでは、選考の段階で建築設計と建築施工、土木関係といったように分けることが一般的です。特に、メーカーの研究職を目指す場合、技術職としての一括採用となるのか、研究職としての採用となるのか確認しておきたい点です。

社員の雰囲気

説明会で先輩社員として登壇する社員だけではなく、受付など運営にあたる社員の対応を含めて、「一緒に働く同僚になれるか」という視点で観察してみましょう。人事担当者だけを見ても、会社の雰囲気はつかめないこともあります。就職説明会で社員を観察すると、社風の一端をつかむことができます。「この人たちと働きたい」と思える企業に就職することが理想的です。

まとめ

shutterstock_9499345

就職説明会に参加し、志望する企業をより深く知ることで、志望動機や自己PRにも活用できます。企業の就職説明会によっては、ホームページなどで知った情報以外に収穫できることが少なかったり、社風が合わないと感じたりすることもあるでしょう。就職説明会で生の「企業」に触れることは、相性を見極めて志望する企業を決めるうえでも大切です。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。