理系の就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_82970479

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

入社試験において避けては通れないものといえば、「」と「」ですよね。会場で、あるいはWEB上で受けることになるこれらの試験は、多くのライバルに差をつけるための関門ともいえます。
このページでは、筆記試験と適性検査の対策方法についてまとめてみました。
「適性検査ってどんな対策をすればいいの?」
「性格診断で嘘をつくのはあり?」
就活中の人が躓きやすい疑問を、一緒に見ていきましょう。

筆記試験・適性検査を行う企業の狙いとは?

shutterstock_64635988

まず始めに、筆記試験や適性検査を行う企業の「狙い」って何だと思いますか?
これはずばり「採用試験の効率化」と「人材の能力の数値化」が目的といえます。

本来であれば企業と応募者とがじっくり話し合い、理解を深めたうえで合否を決めるのが、双方にとって理想的な「採用試験」といえるでしょう。しかし、応募者が多ければそれだけ選考の時間もかかりますし、面接官ごとに評定の差が生まれやすくなります。
加えて企業は人材の選考と並行して、通常の業務も行わなければなりません。

限られた期間とコストのなかで、ある程度の平等性をもって「自社に長く勤めてくれる優秀な人材」を選出する。
この難題を解決すべく各企業は、人事のノウハウを持つ会社が販売する適性検査(リクルートグループのSPI3試験や、日本エス・エイチ・エルの玉手箱など)を活用し、応募者の選考に役立てています。

応募者全員に同じ試験を受けてもらうことで、企業側は応募者の客観的な評価を得ることができ、論理的に選考を進めやすくなります。
なお、受験する側にとっても「面接官の気分に左右される不運」や「自分の性格に合わない企業に入社してしまうリスク」を軽減できるメリットがあるといえるでしょう。

筆記試験と適性検査は違うの?

shutterstock_254334172

筆記試験と適性検査は、試験内容の特徴が異なります。

筆記試験

筆記試験では、国語や数学などの基礎能力や、入社する業界の知識、時事といった「基礎学力」が問われます。設問が多く、すばやく解答することが求められる試験が多い点が特徴です。

筆記試験の代表格は、リクルートグループの「SPI3試験」です。基礎学力を問う能力検査に加えて、その人の意欲や積極性を探る性格適性検査も実施されます。
大手を始め多数の企業が採用試験に導入している筆記試験なので、志望企業の試験の傾向を調べたうえで早めに対策を行いましょう。

SPI3試験の対策方法としては、

  • 参考書を購入し、問題に慣れる
  • 全国紙・経済誌を毎日読み、今の経済の流れを把握する
  • 業界研究を行い、業界の知識を蓄える

などの方法があげられます。

参考書は何冊も購入する必要はありません。一冊の参考書を繰り返し解いて設問パターンを覚え、回答するスピードをあげていきましょう。特に理系の場合は言語能力問題(長文読解、空欄補充など国語力を問う設問)がネックになる場合が多いので、少しずつ設問に慣れていくことをおすすめします。

適性検査

適性検査では、文字どおり応募者の適性をはかります。
性格診断のみ実施する企業もあれば、SPI3試験のように、学力と性格診断の両方を検査する企業もあります。検査内容の具体的な例としては、応募者のコミュニケーション能力や誠実性をチェックする性格検査、職務への向き不向きを判断する職業適性検査、国語や数学といった学力を問う基礎能力検査などが挙げられます。

適性検査も企業によって試験内容が異なるため、事前に自分の受ける企業の採用試験について調べ、傾向を知ることが大切です。

適性検査には「正解」ってあるの?

shutterstock_204663196

適性検査は、大勢の応募者の中から自社に合った人材を見つける「指針」として活用されています。つまり「企業が欲しい人物像」がまず先にあり、適性検査は企業の方針にあった人物を選出する「ふるい」に過ぎないのです。

つまり適性検査の正解とは、あくまで各企業が設定するもの。「これ」という正解はありません。企業の求める人物像を応募者自身が考え、アピールしていくことが重要といえます。

以下に、筆記試験や適性検査で審査されやすいポイントをまとめました。

  • 仕事への興味や意欲
  • 社会常識
  • パーソナリティ(性格の傾向)
  • 基礎学力・基礎作業能力

「会社が求めている人物像」を踏まえた回答を心がけるようにしましょう。

適性検査で嘘をついてもバレている?

shutterstock_245067355

なお性格検査では、「無理に聖人君子を演じない」ことをお勧めします。

性格検査の受験者の中には「自分をよく見せよう」とするあまり、善人寄りの回答をしてしまう人がいます。
しかし性格検査には「ライスケール」と呼ばれる、「人の嘘を見抜く仕掛け」が組み込まれています。つまり本心ではない回答をしても、嘘がばれてしまう可能性が高いのです。

ライスケールはどのように人の嘘を探ってくるのか? 気になりますよね。
以下に、ライスケール問題の特徴をまとめました。

潔白を問う

「一度も嘘をついたことがない」
「一度も陰口を言ったことがない」
このように強く身の潔白を問う質問は、ライスケール問題と捉えて慎重に答えましょう。
自分のこれまでの行いを考えたうえで、正直に答えます。
つい見栄をはりたくなりますが、嘘は禁物です。

一貫性を問う

似た内容の質問を複数回、別の言い方で出題して嘘を見抜く方法です。
たとえば以下の質問を見てみましょう。

「数分なら遅刻をしてもかまわないと思っている」
「几帳面なので、時間は守るほうだ」
「待ち合わせ時間にはいつも遅れてしまう」

全て「時間管理能力」について聞いていますが、言い回しが異なりますよね。
これらの質問の回答に一貫性がなければ「その時のノリで答えている」と判断されやすく、不誠実な評価となってしまいます。性格検査は出題数が多いため、つじつまを合わせる時間もとりにくいでしょう。

誠実さを演じるあまり、不誠実な回答をしないよう心がけましょう。

まとめ

筆記試験・適性検査の対策方法や注意点についてご紹介しました。

  • 筆記試験は志望企業の傾向をふまえたうえで、早めの対策が吉
  • 新聞やテレビを活用し、時事の流れを把握しよう
  • 企業研究を行い、「会社が求める人物像」を知ろう
  • 性格検査には正直に答えることが大切。ライスケール問題には特に注意

筆記試験・適性検査の対策をしっかり行って、選考を乗り切りましょう。

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

ritfiles
ritfiles

音楽と映画の世界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。