就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_311050472

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

就職活動は人生の大事なターニングポイントの一つです。誰だって、できることなら失敗せずに成功させたいと思うはずですよね。しかし就活を行う方の中には、そのままのやり方でいくと失敗につながってしまう、という方が少なからずいます。

普段、カウンセラーとして様々な方のお話を伺っている私たちから見て、就活に失敗しやすい方の4つの特徴を以下にまとめてみました。「就活をバッチリ成功させたい!」と思う方は是非参考にしてくださいね。

「うーん長い目で見て考えよう!」焦りがないタイプ

shutterstock_213504886

「いつまでに就職を決めたいですか?」と聞いた時、「うーんそうですねえ……1年以内には決めたいです!」と答える方、実は結構います。既卒や第二新卒の就活は新卒の就活と違い、皆さんが思っている以上にスピーディに進みます。

面接を受けてその日に内定が出ることもありますし、「来週から出社できますか?」と聞かれることも珍しくはありません。過去UZUZに登録してくれた方の中にも、弊社と面談した当日に面接に行き、その日のうちに内定を獲得された方もいらっしゃいます。

上記の方は極端な例ですが、そのようなことも十分起こり得るのが既卒・第二新卒の就職活動です。

また新卒と違い、既卒・第二新卒の就活は”終わり”が明確になっていないので、長引きやすくなってしまう傾向があります。弊社の場合、既卒・第二新卒の方の就活期間は平均1ヶ月〜2ヶ月です。就活を行う際は、「2ヶ月以内に就職を決める!」というように、終わりの時期を明確に決めた方が上手くいく可能性が高くなるかと思います。

ちなみに焦りを持って行動できている方は、「自分の現状を客観的に理解できている」「働くことに対して覚悟を持つことができている」といった理由から、面接官にも好印象を持たれやすいです。

もちろん焦りすぎては良い行動ができなくなってしまいますが、良い緊張感を持つ、という意味である程度の焦りは就活に必要だと思います。

「口コミサイトに悪い情報が……」インターネットの情報ばかりを鵜呑みにするタイプ

shutterstock_278512055

情報社会の今、インターネットには様々な情報が転がっていますよね。特に口コミサイトには会社の求人票やHPでは見ることができない生の声が載ってるので、参考にしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、この便利なインターネットには落とし穴があります。

以前弊社を使って就職活動を行っていたとある方が、「受けている求人を辞退したい」と申し出たことがありました。もちろんご本人の意思が第一ですので無理に求人を勧めるといったことはしませんが、理由を聞いたところ、インターネットの情報サイトに悪い情報ばかりが載っていて不安になり辞退を考えた、ということを教えてくれました。

実際のところ、弊社からその企業に入った方で辞めている方はほとんどおらず、入社後の社内の様子なども伺っていたのでその情報をお伝えしたところ、その方は結局選考を受けることを決断しました。

インターネットというのはその性質上、どうしてもネガティブな情報が集まりやすい場です。いいことがあったからインターネットに書き込む方ってあまりいませんよね。どちらかというと、何かよくないことがあった時に書き込まれることの方が多いです。

さらに、インターネットの情報・口コミサイトはお金を払えばある程度操作することもできますので、口コミでいいことばかり書いてあるから安心、というわけでもありません。

大切なのは、インターネットに頼りすぎるのではなく確かな情報を集めることです。そのために弊社のような人材紹介会社を利用するのも一つの手かもしれませんね。

インターネットは手軽に情報収集できるツールですので、うまく付き合いながら少しでも多くの確実な情報を集めていきましょう。

「なんだか今日いける気がする!」ぶっつけ本番で面接に臨んでしまうタイプ

shutterstock_353991560

”根拠のない自信”を持つことはとても大切です。話があまり上手くなかったとしても、自信を持って堂々と話せる方はそれだけで何故か光って見えるからです。しかし練習をせずに面接に臨むのは、ちょっと話が違いますよね。

面接で一番大切なことは慣れです。あの空気感が緊張してしまって苦手、という方は多いと思います。たくさん受けることも大切ですが、先ほどもお伝えした通り、既卒・第二新卒の就活の場合、多くの企業を受けるよりは数を絞って就活を進めていくスタイルの方がより上手くいきやすいです。

少ない企業の中で確実に決めるために必要なのは、とことん練習することです。人材紹介会社を利用するもよし、家族に練習に付き合ってもらうもよし、自分でひたすら覚えるのもよし。「あの時ちゃんと練習しておけば……」と後悔することがないように行動できるといいですね。

「何となくほかの企業の方がいい気がする……」内定ブルーになってしまうタイプ

shutterstock_274284761

内定ブルーになってしまう既卒・第二新卒の方は意外にも多いです。上記にも記載しましたが、既卒・第二新卒の就活の場合、予期していないタイミングで内定が出ることもしばしばあります。そうなるとなぜか「ここで本当にいいのか?」「まだほかにも受けられるのではないか?」と考え出す方が多くなります。

なるべく選択肢を増やしたい、と思う気持ちはよく分かります。人生の大事な選択の一つですから、しっかり選んで決めたいですよね。ただ、同時に就活はタイミングが大事でもあります。一つの企業で内定をもらえたから次も同じようにもらえるかというと、そうとも限らないのです。

内定を獲得できたのも何かの縁と考えましょう。”何となく”の感情で決めずに、自分がどういった将来像を描いているのか、どのようなスキルを積んでいきたいのか、それらが内定が出た企業で実現できそうかということを具体的に考え、判断を下すことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?就活に失敗する人の特徴を4つご紹介しました。
就職活動を行うポイントとして、以下を意識するといいのではないでしょうか。

  • 緊張感を持つという意味で”焦り”を持とう
  • インターネットの情報ばかりに頼るのではなく、確かな情報を集めよう
  • 面接に行く際には練習を忘れずに
  • 内定が獲得できた場合には、自分の将来像と照らし合わせよう

「失敗したくない!」と思っていても、就職活動は基本的に一人で行わなければならないので、当然分からないことも多いですよね。しかしそんな悩みを抱えていてもなかなか周りに相談できず、困っている方も多いはず。

そんな時は人材紹介会社のようなプロのエージェントがいる会社を頼ってしまいましょう。あなたに合った就活スタイルを見つけ、内定獲得のサポートをしてくれるはずです。UZUZでも皆さんのお力になれればと思いますので、是非一度お話をしにいらしてくださいね。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス