理系の就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_332455412

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

就職活動を行う皆さん、いかがお過ごしでしょうか。新卒として就活を行う方はもちろん、既卒・第二新卒として就活を行っている方もいらっしゃることと思います。就活サイトを見ていると「皆さんの先輩は平均○社にエントリーしています」という文面をよく目にします。

このように書かれると、「ほかの人は○社にエントリーしているのに私はまだまだ全然足りない……!」と不安に思ってしまう方もいるのではないでしょうか?では実際のところ、就活生はどれくらいの企業にエントリーをして就職活動を進めているのでしょう。今回は新卒と既卒・第二新卒のデータに目を向け、その実態に迫っていきたいと思います。

新卒の就活、その実態に迫る!

shutterstock_382158262
ここでは新卒の平均エントリー数、平均エントリー通過率、内定獲得までの日数についてご紹介していきます。

新卒就活生の平均エントリー数

マイナビが行った「2016年卒マイナビ学生モニター調査3月の状況」のデータによると、16卒学生の2015年3月時点でのエントリー数は平均35社という結果でした。15卒学生の平均エントリー数は44.3社であったため、16卒学生は前年に比べエントリー数が9.3社減少したことが分かります。

15卒の学生に比べエントリー数が減った理由としては、16卒の学生から就活スケジュールの後ろ倒しが始まり、活動期間が短くなったことが要因の一つとしてあげられます。しかし、期間が短くなったからこそ活動量を増やし、密度の濃い就活を行う学生も多く見られました。

新卒エントリーシートの通過率

こちらは2013年のデータですが、就職ジャーナルによると、エントリーシートの通過率は平均65.9%という結果でした。もちろんエントリー企業数によって平均数は変動するので、全ての方にこの数字が当てはまるとは言えませんが、おおよその目安として10社にエントリーシートを出して6社に通過していることが分かります。

新卒内定獲得までの日数

2016年卒マイナビ大学生就職内定率調査」で調査された2015年7月末時点での内定率ですが、全体で57.0%という結果でした。16卒の就活解禁は3月ですので、半数の方が内定を獲得するまでに約5ヶ月かかっていることになります。

ちなみに2015年9月末の同調査では内定率が79.9%に増えており、就活解禁から7ヶ月で約8割の方が内定を獲得している結果になりました。

新卒就活生の中にはこんな強者も!?

朝日学情ナビに掲載されている就活生の体験談を見ると、このような結果が載っていました。

・説明会に行った企業数:約90~100社
・エントリーした企業数:100社以上
・エントリーシートを提出した企業数:約80社
・面接を受けた企業数:約70社
・内定(内々定)した企業数:2社
引用元:朝日学情ナビ

上記のように、平均をはるかに上回る活動量で就活を行う学生も見られます。しかしこれはあくまでも一例であり人によって動き方は変わりますので、エントリー数にこだわりすぎるのではなく、自分が納得出来る就活を行うことが大切です。

UZUZを使った就活、その実態とは?

banner_movie
上記では新卒の就活について述べましたが、お次は弊社UZUZについてです。UZUZについて興味を持ってくれている方は是非参考にしていただけると幸いです。

UZUZの平均エントリー数

16卒の平均エントリー数は35社という結果でしたが、UZUZの平均エントリー数は5〜6社です。「えっ!?す、少ない!」と思った方、たくさんいるのではないでしょうか?まず前提ですが、既卒・第二新卒の就職活動は新卒とは大きく異なり、新卒のように何十社も一気にエントリーすることはあまりありません。

業界によって時期は異なるものの、新卒の就活時期はおおよそ横並びで進むことが多いです。そのためたくさんエントリーしたとしても、結果が出る時期は大体同じ時期になります。しかし既卒・第二新卒の場合、企業によって大きく期間が異なるため、結果が出るタイミングにばらつきが生まれるのです。

新卒時と同じようなエントリーをしていると、場合によっては「第一志望の企業の結果が出ていないのに、あまり志望度の高くない企業から内定をもらってしまった!どうしよう!」という問題が起こってしまう可能性も。

「第一志望の企業を受けきるまでは内定を待ってほしい」と思う方もいるでしょうが、既卒・第二新卒採用を行う企業の多くはすぐに働ける方を採用したい気持ちが強いため、あまり長い期間は待ってはくれません。場合によっては「うちの志望度が高くないなら別の方を採用します」と言われお見送りになってしまうケースも。

そうならないためにも、既卒・第二新卒の就活では志望度が高い企業数社から受けていった方が効率的に活動することができます。UZUZでもいきなり何十社も受ける就活を行うことはなく、まずはここだ!と思った数社に絞って就活を行うことをお勧めしています。

UZUZの書類通過率

新卒時のエントリーシート通過率は65.9%という結果でしたが、UZUZの場合、約80%の書類通過率を誇っています。なぜこのような結果になるかというと、これには大きく分けて2つの理由があります。

書類の添削を行っている

UZUZではエントリーする方の書類の添削を行っています。企業によって見るポイントは違いますので、企業ごとのポイントを踏まえた書類作成を行っていることが通過率が高い要因の一つです。

既卒・第二新卒歓迎の企業を多くご紹介している

弊社にいらっしゃる既卒・第二新卒の方の多くは「卒業後ブランク期間がある」「前職を短期間で退職してしまっている」など、何かしらの弱みを抱えて就職活動を行う方が多いです。しかしUZUZでご紹介している企業様の多くは、自身の現状に危機感を持っている方が多い既卒・第二新卒を採用したい!と考えているため、書類選考が通過しやすくなっています。

また、「面接でウィークポイントを指摘されうまく話すことができない」という方が多くいらっしゃいますが、私たちはあらかじめそれらすべてをしっかり伝えた上で、その方の推薦理由を企業様にお伝えしているので、思いを伝えやすい状態で面接に臨むことができます。

UZUZの内定獲得までの日数

16卒の新卒学生においては、半数の学生が内定を獲得するのに約5ヶ月間かかっていますが、UZUZを利用された方ですと、初回面談から内定承諾までの期間が平均で45日(約1ヶ月半)という結果になっています。新卒と比べるとかなり早いスピードで内定まで進んでいますよね。

「早く内定が出すぎて逆に不安……」「ほかにもっといいところがあるのではないか?」と感じてしまう方も中にはいらっしゃいますが、上記でも記載したように、既卒・第二新卒の就活は数を絞り短期間で就活を行うことが成功のカギですので、あらかじめ理解した上で選考に臨むといいでしょう。

まとめ

shutterstock_289584068
いかがでしたでしょうか。本日の記事をまとめると以下のようになります。

  • 新卒の平均エントリー数は35社だが既卒・第二新卒のエントリー数は5社。的を絞った就活を行おう。
  • UZUZを利用してのエントリー通過率は新卒より14%以上も高い
  • 新卒では半年近くかかる就活だが、UZUZの場合平均1ヶ月半で内定承諾をする方が多い。スピード感を意識した就活を行おう。

就職活動でお困りの方、是非一度UZUZにご相談くださいね。皆様を内定まで全力でサポートいたします!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス