理系の就活ノウハウを学ぶ
shutterstock_330602651

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

「入社したものの、自分には合わない……。」
「もっと専門をいかせる仕事に就きたい。」

新卒で無事入社を迎えても、さまざまな理由で3年以内に転職をする人は第二新卒という枠に入ります。企業としても新卒よりも教育にコストをかけずに済むため、積極的に採用しようという流れも生まれています。

今回は、理系の第二新卒の転職活動のポイントを、転職事情などともからめながらご紹介するので参考にしてみてください。

理系第二新卒の転職事情

shutterstock_341707151
第二新卒は、新卒者よりも不利、というイメージもありますが、第二新卒には新卒にない魅力もたくさんあるため、一概に「不利」とはいえません。むしろ、職種によっては第二新卒のほうが有利になることさえあります。大切なのは、その企業や職種にとって、「どんな人材が最適なのか」という点です。

ただし、ブランクが長くなってしまうとどんどん不利になっていってしまうため、早めの決断がカギとなります。

理系は「転職時にも強い」ことで知られていますが、それは第二新卒でも同じ。特に、技術職の内定は取りやすい傾向もあります。

新卒採用の枠を減らしたリーマン・ショック以降、取りそこねたいい人材を「」として採用するケースが見られるようになりました。それから、第二新卒が注目を浴びるようになり、今では、「」のみを採用する企業も出てきています。そうは言っても、まだまだ枠としては少ないのですが、今後増枠される可能性には期待できそうです。

少し前の記事ですが、「第二新卒」について分析したこちらも参考にしてみてください。
第二新卒・既卒の企業側からのイメージについて再認識

企業から見た第二新卒の魅力

uzuz_shutterstock_130099706
転職活動をするときに気になるのが、企業は第二新卒のどんなところに魅力を感じて採用してくれるのか、というところ。そこで、企業から見た第二新卒の魅力をまとめてみました。ここを参考に、自分の売りを見なおしてみましょう。

最低限のビジネスマナーが身についている

第二新卒者は、社会人として一人前とまではいかなくても、社会人として必要な最低限のマナーは身についていることが多い、ということも企業にとってメリットとなります。

新卒者を採用すると、名刺の渡し方や電話の応対方法など「社会人」になるためのスキルを教えてあげることが始めなければなりません。その点、第二新卒なら基本的なことはできる前提で、実際の仕事に必要なスキルを仕込むところからスタートを切れます。

若いから社風に染めやすい

新卒採用で入社後3年以内の転職者など卒業後3年以内の人を第二新卒者としているため、第二新卒という枠で入ってくる人は、基本的に若いです。

中途採用の場合は、30代40代と長く他社を経験している人が入ってきます。それはそれで、高いスキルをもった人である可能性はありますが、自社に馴染む早さでいえば若い第二新卒者のほうが有利になります。

スキルはあとからでも身につきますが、社風に合わせた人材を育てていくためには、なるべく真っ白に近い人のほうがいいため、まだまだ多くを吸収できるレベルにいることは、第二新卒の大きな魅力です。

一度失敗しているからこそ生まれるやる気と熱意

第二新卒で転職をしているということは、一度新卒で就職した企業に何らかの不満などがあるはずです。つまり、厳しいことをいえば、「一度就活に失敗している」人が第二新卒での転職を検討しています。

これは企業にとって、「またすぐに辞めてしまうのでは」というデメリットにもなりかねませんが、「もう失敗できない」と本気で転職に取り組む人が多いことはメリットになります。

第二新卒者は、転職活動前に「どうして転職するに至ったのか」を考えることで、働いてみなければわからなかった自分なりの仕事に対する意欲や自己分析ができているはずです。

まだ働いたことのない新卒者は、「働いてみたら自分には合わなかった」と辞めてしまう可能性があります。でも、第二新卒者であればそこをクリアしてきているため、「辞めにくい」ことや「やる気」「熱意」をもっていることも多いため企業にとっては魅力的に見えるのです。

企業側が第二新卒を採用するメリット・デメリットはこちらの記事でチェックしましょう。
敵は「先入観」だった?既卒・第二新卒が内定を取るためには

第二新卒の転職ポイント

shutterstock_194463842
中途採用や新卒とは違う第二新卒ならではの転職ポイントもチェックしておきましょう。

スケジュール調整は必須

shutterstock_226680895
第二新卒の転職は、基本的に通年行えるため、新卒の就活スケジュールのように、大きな動きを意識することはありません。しかし、なかには、新卒採用と同時に第二新卒枠を設けている企業もあるため、油断大敵です。就活全体の流れと、自身のスケジュールを照らしわせて調整することは、第二新卒の転職時にも必要です。

学業のしばりがない第二新卒は、サッと行動できる点で新卒枠を目指している学生よりも有利なところもあります。既卒者向けのインターンシップなどに積極的に参加するなど、前向きに行動するようにしましょう。

もっと詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。
オーバーヒートを防止!既卒・第二新卒の就活スケジュール術

スキルよりも熱意が重視される

shutterstock_353503052
中途採用との大きな違いが、スキルはなくても熱意でカバーできるという点です。むしろ、高いスキルは求められておらず、熱意によって採用するかどうかが決まると言っても過言ではないほどです。

第二新卒の魅力は、まだまだ新しいことを吸収できる状態で、白紙に近いということ。そのため、スキルがどれだけあって即戦力になれるか、ということよりも、「一生懸命仕事に取り組めるか」「向上心をもっているか」などの「熱意」が重視されます。

「第二新卒で、スキルがないから転職は無理だ」と考えているなら、見方を変えて自分の魅力を引き出しましょう。

まとめ

「第二新卒だから、転職も不安……。」
「何をすればいいかわからない。」

そんなときは、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。UZUZには、第二新卒者を採用に導いた実績もあり、相談相手としてもおすすめです!

第二新卒がもつ「売り」をポイントに、自分の働き方・やりたい仕事を明確にして、転職活動に励んでみてくださいね。

810×200_rikei_bn

理系既卒・第二新卒向け就活サービス

この記事を書いた人

Nana Tsuchiya
Nana Tsuchiya

東京在住のフリーライター。2011・13年生まれの2男児を育てながら活動中。幼稚園教諭免許・保育士資格保有・ベンチャー企業勤め経験あり。「働き方を考える」をベースに、いろいろご紹介していきます。